上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今期の竜王戦は、渡辺竜王の防衛で決まりました。
竜王戦は毎年ネット観戦しています。今年は3局目の大逆転が印象に残りました。

でも、羽生名人はやっぱり強い。
ということで本書。
何といってもタイトルがいいですよね。
プロの棋士には絶対に書けないタイトル。
また、それなりの答えを自信をもって用意しなければ書けないタイトルでもあります。



梅田望夫さんの、棋聖戦、王座戦の観戦記を編集した形の単行本。
それぞれ、観戦記として十分に読みごたえがあります。
梅田さんの実業家としての実績はいうまでもありませんが、
現場にいるプロ棋士の声が伝わり、控室の臨場感が伝わってくるようです。

羽生さんの強さの秘密は、「総合力」というのが筆者の答えです。
プロ棋士って、みな奨励会という過酷な関門を潜り抜けた方々で、例外なく非凡な能力の持ち主ですが、
その後長期間にわたって、たゆまない日常を送り、
非凡な努力を継続できる方というのは、またその中でも少数の方々だということなのでしょうか。
でも、B級やC級にいらっしゃる若手の棋士だって、かなりの方々は、
タイトルを目指して(夢見て)日々葛藤しつつ努力されていらっしゃることは、
棋士や奨励会員の方々のブログを見て、よくわかりますし・・・。

結局のところ、タイトルの問いに対する答えは、僕にはやはりよくわからないのですが、
ただ一つ僕にいえるのは、こういう真剣な時間と努力と汗と涙をかけて戦う将棋の世界は、
やっぱり見ていて面白いということ。
最近は、ネット中継のおかげで竜王戦のようなハイレベルな真剣勝負がリアルタイムで観戦できて、
本当に幸せです♪
スポンサーサイト
2010.12.16 Thu l 本(将棋) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kogechahiguma.blog61.fc2.com/tb.php/200-b11515c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。