上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
この本、正月の箱根駅伝の前に読もうっと買っておいたのですが、
読むのが今頃になってしまいました・・・。
でも、やっぱり面白かったのです。

【送料無料】風が強く吹いている

【送料無料】風が強く吹いている
価格:860円(税込、送料別)



本書は、高校時代に暗い過去のあるエースランナー蔵橋走と、陸上経験のない部員たちが、
ぼろアパート「竹青荘」に暮らしながら10人で箱根駅伝出場を目指すというストーリー。

前にも書いたかもしれませんが、僕、スポーツものの小説、大好きなんです。
がんばって、努力して、少しずつ結果が出て、壁にぶつかって、最後に成功して・・・という
まるで少年ジャンプのようなお決まりのパターンが、単純に心地よかったりします。
『一瞬の風になれ!』とか、よかったなぁ~。

本書も、王道の青春スポーツものと言っていいのではないでしょうか。
10人のメンバーは、人によっては全く未経験のところから、努力を積み重ね、
徐々に力をつけ、最後には大舞台で感動的な走りをします。
駅伝なので、10区間に一人ずつ、順番にスポットライトがあたり、
レース展開もあいまって、10人分のストーリーが紡がれます。
9区で主人公とライバルとが一騎打ち!そして10区は・・・!?
復路(2日目の6区~10区)に入って、徐々に盛り上がってクライマックスを迎える展開もお見事です。

今年はじめて、2日目に日比谷公園の前で、生で駅伝を応援しました。
母校が駅伝の「伝統校」なので、昔からずっと母校を応援しながら駅伝を見続けていましたが、
生で見ると迫力が違いますね~♪
報道のヘリがだんだん近くに近づいてきて、歓声が少しずつ向こう側から聞こえてきて、
歓声と旗を振るシャカシャカという音がピークに達する中を、
選手たちは一瞬で走り抜けてゆきました。

ということで、いろいろと僕のツボを刺激する、すごく面白い小説でした。駅伝が好きな方は、ぜひ!
スポンサーサイト
2011.02.07 Mon l 本(小説・エッセイ) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kogechahiguma.blog61.fc2.com/tb.php/212-2f37836a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。