上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
このたび直木賞を受賞された池井戸潤さんの作品。
前から読んでみたいと思っていたので、良い機会だと思い、読んでみました。

【送料無料】空飛ぶタイヤ(上)

【送料無料】空飛ぶタイヤ(上)
価格:680円(税込、送料別)



【送料無料】空飛ぶタイヤ(下)

【送料無料】空飛ぶタイヤ(下)
価格:680円(税込、送料別)



読んでみると……自動車会社のリコール隠しと闘う中小運送会社の社長の話。
元ネタは、あのM自動車のリコール隠し、ですね。
もちろんある程度のところからはフィクションなのでしょうが、
おそらく本当のM自動車や東京M銀行もこんな感じなのかもな……と想像しながら読みました。

中小企業の赤松社長は、仕事面や家庭面でいろいろな障害に直面しながら、
最後まであきらめず、戦い抜きます。
現実には、最後まで報われないことも多いのでしょうが、
大きな権力を相手に戦うというのは、こういう凄絶な覚悟が必要なのだなと、改めて感じました。
自分の仕事もこういう熱意と覚悟をもってやらなければいけませんね。

ビジネス小説って、これまであまり読んでいませんでしたが(覚えているのは「ハゲタカ」くらいかな……)、
いつも日常的に接している場面や価値観が題材なだけに、面白いですね。
もう少し、いろいろ読んでみようと思います。
スポンサーサイト
2011.08.05 Fri l 本(小説・エッセイ) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kogechahiguma.blog61.fc2.com/tb.php/245-17379dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。