上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近、長男が妻に連れられて図書館に行っているようで、
前の週末に私も一緒に行ってきました。
長男は「お化け」が好きなようで、何冊かお化けの絵本を読んで、結局この本を借りることにしました。



たくや、こうへい、つよし、しんのすけの4人が、本物のお化け屋敷を探検する話。
4人の男の子のすぐ後ろにお化けがいたりして、
お化けに気付くかどうか、ドキドキする仕組みになっています。
……昔ドリフの番組で見た、「志村~うしろ~!!」ってやつですね。

出てくるお化けも家族のように暮らしていて、人情味があってよいです。
三つ目の大入道とか、かなりいい親父っぽい。
いろいろなお化けが出てくるのもよいです。裏表紙にお化けの名前が紹介されていて、
長男はそれを見ながら、だいたい名前を覚えてしまったようです。

お化けや妖怪って、子どもが興味を持ちやすい分野なのでしょうね。
ちょっと怖いけどなんか気になるというか。
結局、この本はすごく気にいって、貸出期間を延長してもらってまだ手元において読んでいます。
この線で、もう少し絵本を読ませてみようと思います♪

ちなみに私は、この本にもちょっとだけ出てくる、「あずきあらい」という妖怪が好き。
あずきを洗うということの漠然とした不気味さが気になります。いいセンスしてますよね。
スポンサーサイト
2012.09.30 Sun l 本(絵本・育児書) l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.11.01 Thu l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kogechahiguma.blog61.fc2.com/tb.php/277-896e8e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。